革新を日常に変える!失敗しないRPA導入で単純業務の自動化を実現

NEWS

人手不足と言われている昨今、社員は残業ができなくなった為、今まで残業をしながら片付けていた単純作業の業務が山積みになっている。
その作業を終わらせるために、求人を考えているが、単純作業が山積みの会社は敬遠されている現状があります。

そんな人手不足の中、DX(デジタルトランスフォーメーション)で業務改革と叫ばれていますが、日本の先進国で生産性はダントツで最下位です。

日曜日明けには、業務が溜まってしまって、営業マンも手伝わないと伝票入力が終わらず、結局残業しないと終わらない。

自動化を目指して、クラウドソフトに変更し、様々な販売チャネルを一括管理で自動化を目指したが、在庫が多く、特殊な為、各部署の在庫を把握している社員が休みの時には、業務が完全に止まってしまう。
伝票入力のパート社員が急な休みになってしまうと業務スピードが大幅に落ちて、残業になってしまう。
入力作業をするパート社員がやめてしまったら業務が止まってしまい、引き継ぎに時間がかかり大幅なロスになってしまう。

あなたの会社でもこのような光景は目に浮かぶのではないでしょうか?
RPAは、そのような業務の手間をロボットが代わりに行うことで、人手不足解消、業務改善を測ってくれるツールです。

日本の企業の生産性が低い理由は、明確な分業体制が取れていない点です。

見積もりから納期の発注を営業部から製造部へ依頼しないといけなく、社内でファックスで発注を受けて、また見積もりを作らないといけなかったり、ECサイトを運営している会社では同じ情報を何度も打ち直している場合が多く、さらに会計ソフトを別途で打ち直している。

営業部が会議でデータをもう一度打ち直している。
再問い合わせも調べ直し、永遠に打ち直しをやっている。

このようなデータ入力を打ち直しをしている社員さんは5人、6人と人員が取られていて単純作業を永遠にやっていたりします。
同じ請求書を永遠に作り続けているのです。

これでは、業務改善も進まずに、残業もなくならないでしょう。

RPAは、その単純作業をロボットが代わりに行います。

人はミスをしますがロボットはミスをしません

RPA導入で圧倒的に作業効率をあげ、生産性を上げる為です。

時間ばかりかかる膨大で面倒な業務を24時間365日ミスなくロボットにこなしてもらうことで、人手不足や業務過多からくる残業や長時間労働の改善、業務の効率化によるコスト削減、単純ミスの撤廃が期待されています。

こんな悩みをRPAで解決できます

  • 請求書作成が終わらずに毎回残業になってしまう
  • 入力作業のできるスタッフが急に辞めてしまったり、出勤できない時の業務の対処ができない
  • 部署間で何度も同じ伝票を繰り返し作成している
  • 業務に差が出てしまいスタッフの休みの日は業務が止まってしまう
  • 単純作業に時間がとられて本来の業務ができない

このように、今まで縛られてきた単純業務から解放されて、社員やスタッフの皆さんの本来の能力をフルで発揮し、業務効率を格段にアップすることができます。

しかし、実際に導入してもうまくいくのかわからない。
大企業のようにできないし….
毎日忙しいから今更ロボットを導入したら余計に手間がかかって、スタッフが混乱するのではないか?

そう考える会社も少なくありません。
RPA導入で失敗しないために知って欲しいことがあります。

RPAをうまく活用するために

大手企業を中心に業務改善を目指しRPAを導入していますが、導入費用が高額だったり、難しい操作の為、技術者がいない中小企業では導入が難しいと言う側面がありました。

そして、大手が導入したRPAはほとんどが好ましい成果を挙げられていません。

RPAを導入してもミスをするのは必ず人だからです

求人難の時代になって働きやすい会社を作るにはロボットに頼るしかないことは事実です。
これからはロボットを導入して業務改善できない会社は求人はおろか、淘汰されていく側に回ってしまうでしょう。

しかし、大企業でも大変なのにSEのいない会社でロボット導入して大丈夫なのか?と言う不安を感じられる企業が多いのではないでしょうか。

RPAを導入すれば必ずしも業務改善になるか?と言うとそうではありません。

「大企業もやっているし、今よく聞くし、DXと言う波に乗り遅れないようにしないと!」
そのような理由で安易に始めてしまうと必ず失敗して、コストだけかかって終わってしまうでしょう。

そのようにならないように、失敗しない方法も含めて、無料講座を行っています。

失敗しないRPA導入のステップ

ゴール設定をすること

社長は間違っている

専門家が分析すること

問題を起こすのは人間だと言う事実

業務を改善する為には、罰則では改善できない

社長は社員を使いたがる

生産性の低い手段を否定すること

この意味を理解することで、RPA導入しても失敗せずにスムーズに業務改善を行うことができます。

無料講座では、この7つのステップを詳しくお伝えすることでRPAを導入しても失敗せずにスムーズに導入効果を発揮できるようなります。

「無料講座リンク」

RPAの導入メリット

ルーティン作業の代行でメイン業務に集中できる

求人コストと離職リスクを極端に減らせる

社員の負担が減り残業をなくせる

導入すればこのようなメリットをすぐに実感することができます。
そして、メリット以上の成果も感じてもらえるでしょう。

選ばれる理由

各PC内の作業に特化して業務自動化が可能

個人のPC上で稼働するため、各PCの作業レベルで自動化を行うことができます。これにより、特定の端末PCだけで自動化を進められるため、導入から業務自動化が複雑にならなくて済みます。

担当者レベルで管理できる

各PC端末に導入されるため、全社的に管理することはなく、担当者レベルでRPAを管理できます。
また、各PC上で行う作業に限られますが、自動化したい業務におけるさまざまなシステムとの連携も可能です。

費用が安価、セキュリティー面も安心・安全

御社内の専用PCに直接インストールして使用するインストール型であるため、セキュリティ面での安全性が高く、導入費用・メンテナンス費用ともに安価なことがメリットです。

スタッフ訪問で完全サポート(要問合わせ)

導入したのはいいけど、設定が面倒で時間だけが過ぎてコストだけがかかってしまう。
そのようなことがないように、動作までのセットアップを行います(別途料金)
また、導入時期に合わせた無償サポートも充実!
お客様の段階に合わせたサポート体制

RPAでできない部分のアプリ開発も行っている

専用のアプリをiPadなどに入れてもらうことでフロント業務もスムーズに行え、本体業務の負担が0になります。

導入事例

建設・建築

事例図面の拾い出しに時間がかかる。

データ入力だけではなく、画像認識機能を使いながら特定の条件ではあるが、図面の拾い出しも補助することができる。

会計アプリの連動

事例会計ソフトの連携処理。
弥生などのへの伝票入力は定型処理だけど、なかなか人間の手が離れず永遠に入力処理を行っている。

入金関係、販売関係の入力だと販売管理ソフトで集計機能を使ってからRPAが操作し、数字を引っ張り出して、弥生会計ソフトなどに入力を自動化。
また、ipadなどにインストールできるアプリを制作し、RPAを使って一つのデータを複数のアプリやシステムに入力していくと手間が全く0になる。

日配の会社

事例毎回毎回請求書を起こさないといけない。
事務員は2〜3人で、多いところでは5〜6人いて伝票を朝から晩まで打たないといけない。
特に朝の配送ピークは戦場で、必死に伝票を打たないといけない。
パートさんは、子供が熱出しても休みにくい。

エクセルで管理していることをRPAで自動的に請求書を行えば手間はいらない。
実際にはエクセルで管理表を月曜日送る人、火曜日送る人などをリスト化し、伝票を打っていく。すると翌日になれば伝票管理が終了している。
RPAはロボットとして決まり切った作業が得意で、毎日決まっているエクセル読み込んで請求書を入力する単純作業が非常に得意。
イレギュラーな作業は人がやり、決まっている定期のお客様の方は無人化することができた。
朝がピークにならなくなったので、朝からは確認作業だけで、出荷作業がスムーズに進み、業務改善することができた。

オンラインECストア

事例業種業態で、繁忙期のピークがお盆前、お正月直前、GWなど従業員が休みたい時に出荷のピークがきてしまう。
その為なかなか人の採用が厳しい。
伝票の入力作業で期待しているパート社員さんの供給が難しく、続かない、やめてしまう場合が多い。
オンラインショッピングの自動化処理は色々あるが、自社のルールに合わなかったり、配送サービスと混ぜ合わせるとカスタマイズしにくい。

クラウド上で見えない独自の在庫情報、エクセルで作っている在庫帳ををRPAが探してショッピングサイトの方へ対応入力、出荷指示をしていくので、サイトごとの伝票を探し、同じ情報を入力していく二度手間、三度手間がなくなった。
担当スタッフが休んでしまっても、RPAが行うので、現場の混乱がなくなり出荷業やその他業務に専念することができるようになった。

発注処理

事例請求書販売業務のサポートが多いが、発注業務が多い。
在庫関係の発注処理をファックスや、伝票や鉛筆で書いた伝票を投げ込んでいたりミスした場合どちらがミスしたかわからず揉めることもある。

iPadで発注書のアプリを作って入力のフロントエンド業務をアプリで行うことで、その動作をRPAで行うことによって、総務関係の本体業務の負担が0になっていく。

このように導入すると、大幅に業務改善につながるとともに、面倒な仕事が減って、残業も減らすことができるので、求人コストと離職リスクは極端に無くすことができます。

失敗しないRPA導入をトータルサポートします

RPAというツールは使ってみないと導入事例やメリットを聞いても活用できるか不安な企業様も多いと思います。
導入したのはいいが、活用できずに結局マンパワーに頼ってしまい一向に業務改善ができない。

高い費用を払ったのに、何も変わらない・・・

このようなことにならないように、購入前に不安を解消するための無料相談を行っています。

「何から始めたらいいのかわからない・・・」
という企業様もご安心ください。
導入して活用し、業務改善ができるまで徹底サポートいたします。

まずはお気軽に無料購入相談をご利用ください。

RPA導入相談お申し込みフォーム

    必須会社名

    必須氏名

    任意電話番号

    必須メールアドレス

    必須お問い合わせ内容

    タイトルとURLをコピーしました